Peter Barnes 教授からのメッセージ

It is increasingly recognised that active and passive cigarette smoking has detrimental effects in asthma and that smoking cessation and clean air are of particular importance for asthmatic patients.
能動喫煙や受動喫煙が喘息にとって有害であること、禁煙およびきれいな空気が喘息患者さんにとって特に重要であることは、ますます世の中に認められて来ています。


Peter J Barnes 教授 :Airway Disease Section, National Heart & Lung Institute, Imperial College



SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO