第8回タバコか健康か アジア太平洋会議(2007年10月17日〜20日 台北にて開催)会場にてパンフレットとバッヂを配布し活動をアピールするとともに、各国からの参加者に、Health Canadaからのメッセージをお伝えして来ました。
※Health Canada・・・カナダ政府の省庁。日本の厚生労働省に当たります。




To the delegates of the 8th Asia Pacific Conference on Tobacco or Health:
第8回タバコか健康かアジア太平洋会議ご参加の各国代表の皆様へ



On behalf of Health Canada, I would like to express my pleasure that Canada’s blue ribbon campaign to raise awareness of the dangers of second-hand smoke is now adopted in Japan by the I Love Clean Air organization.
受動喫煙の危険性に対する認識を高めるカナダのブルーリボンキャンペーンが、I Love Clean Airブルーリボン運動推進協議会によって日本に導入されたことに対し、カナダ保健省(Health Canada)を代表して喜びの意を表します。


The blue ribbon is worn as a symbol of clean air free of tobacco smoke and to raise awareness of the hazards of being exposed to second-hand smoke. A group of students from Richmond, British Columbia, Canada, launched the blue ribbon campaign for Canada’s National Non Smoking Week in 1999. One year later, the blue ribbon was used province-wide in British Columbia, and was adopted as a Canada-wide program in May 2001.
ブルーリボンは、タバコ煙とは無縁のきれいな空気のシンボルとして、また、受動喫煙に曝されることによる健康被害に対する認識を高めるために、使われています。カナダ、ブリティッシュコロンビア州リッチモンドの学生のグループが、1999年のカナダの全国禁煙週間(National Non Smoking Week)にブルーリボンキャンペーンを立ち上げました。1年後、ブルーリボンはブリティッシュコロンビア州全域で使われるようになり、2001年の5月にはカナダの全国的な計画に採用されました。


Since then, the blue ribbon campaign has continued to be a symbol of clean air and we are pleased that the campaign has been adopted in Japan. We are also hopeful that other countries will also adopt the blue ribbon as a symbol of second-hand smoke awareness and that it would lead to an increased understanding of the hazards of being exposed to second-hand smoke.
その時以来、ブルーリボンキャンペーンはきれいな空気の象徴として継続されており、日本にもこのキャンペーンが導入されたことを喜ばしく思っています。他の国々もまた受動喫煙を認識する象徴としてブルーリボンを導入し、それによって受動喫煙に曝されることの危険性に対する理解が増すことを合わせて願っています。


Yours very truly,
敬白


Dawn Hachey
Director
Tobacco Control Programme
Health Canada
カナダ保健省 タバコ対策計画部局 局長





SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO